子どもの笑顔が見たい!!笑顔にしたい!!!

子どもの笑顔が見たい!!笑顔にしたい!!!

おはようございます。

無限の可能性を秘めた子どもの「学び取る力」と、お母さんの個育て力を伸ばし切る!
未来につながるおかあさん塾
塾長の青山 節美です。

 

グループ相談会のような…場を設定しました

ちょっと最近
学校行き渋りと
不登校のお子さんの
お母さんから
メールやYouTubeのコメント欄に
ご相談があります。

あっ!!行き渋りにお子さんがいらっしゃいましたら!
グループ相談会のような…場を設定しました
もしよければ参加しませんか?

実は、あと3名です♬

https://resast.jp/events/460659

一つ一つ返信を返していたのですが

実は・・・・
残念ながら
ありきたりの話しかできないのです。

それはなぜかというと・・・・
相談していただくお母さんや
お子さんが見えないから・・・・なんです。

だいたいは分かる
だいたいは分かるんだけれど

私としては、薄っぺらい
最低限のことしか伝えられない
一般論に毛が生えた程度なんですよね。

それしか・・・・伝えられないのです。

本当は、もっと知りたい・・・

あぁ、これ・・・・どうかな?
ここのところどんな感じなんだろう

兄弟は?
何歳離れてる?

どんなことが好き
どんなことで悲しむ?怒る?

2歳はどんな感じだった???ってね
色々聞かなくては分からないことがたくさんあるのです。

なので、コメント欄で聞くわけにもいかず・・・苦しい返答をしています。

個人情報だしね。なので、なかなか・・・
的確なアドバイスができなくて悩んでおりました。

っていうと・・・

たかがコメント欄じゃないかって思います??
でも、私は大真面目なんです。

コメント欄であろうが
ちゃんと・・・ 答えたいのですよ。

こんなメッセージをいただきます

感想1

これはメルマガね♪

メルマガを読んで、長女に謝った時の事を思い出しました。

私は青山さんのメルマガに出会い、長女との関係を何とかしたくて、謝りました。

「あなたがもっと小さい時、優しく抱っこできなかったり怒ったりしてごめん。
お母さん、あの時は苦しい事や悲しい事で心がいっぱいだった。
それはあなたのせいではなくて、全部お母さんの問題だったの。
〇〇は悪くないんだよ、本当にごめん」
と、私は伝えたのですが、

長女はすぐに
「いいよ〜!」と抱きしめてくれました。
子どもの愛情の深さ、懐の深さは本当にすごいですよね。

悩む自分に酔わない、
自分の問題から逃げない
子どもの愛に甘え過ぎない

あらためて気が引き締まりました。

ほんと・・・子供の愛って
深いですよね。
子どもは
「いいよ」って許してくれる。

ほんとの愛でしょうね。

ほかのお母さんからの感想も
紹介します。

このお母さんは
メルマガ配信ごとに
感想をいただきました。

どんどん お母さんの気持ちも変わり
きっと今起こっているもやもやも

いつかは過ぎ去ることだと思っています。

❉:::::::::❉

感想2

せつみさん、こんにちは。
不登校の中3男子。
朝のハグ、息子が起きて来ない日も
寝てるところを短めにしています。
表情はかえません

ボーっとしています。

息子を元気にしたい!
前のような、笑顔が見たい!その日まで必ず、頑張ります。

昔の、息子に反抗されたら、言い返してた頃の私…
何故ちゃんと受容してあげなかったんだろう?!
認めるが出来なかったから、自己肯定感が低いんですよね?
今更ながら、
息子に謝った方がいいのかなって
考えてしまいます。

❉::::::::::❉

 

このお母さんの気持ちに
私は・・・応援したい!!!
絶対に、笑顔にできるよ!!!
一緒にがんばろって思いましたよ。

息子を元気にしたい!
前のような、笑顔が見たい!その日まで必ず、頑張ります。

元気にしたい!!!
元気にしたいよね。

大丈夫!!

ちょっとだけ時間はかかるけれど
きっときっと大丈夫!!!

「息子に反抗されたら、言い返してた頃の私…
大人げなかった。
酷い対応してた。」

お母さん!!!

気づけたよ!!

そう、大人げなかったって気が付けたよ。

子どもは、大人である
おかあさんに甘えたかったのですよ。

小さなころ

泣けば よしよしってしてくれた
だっこしてくれた
あの思い出が

潜在意識に残ってるから
だから一番不安で
一番苦しいときに

お母さんに甘えたいんだよ

からだは大きくても
心は、あの頃のように
不安がいっぱいなんですよ。

だから・・・・
息子さんに拒否られても
反応なくされても

時間をかけてゆっくりゆっくり
一歩一歩やっていこう
焦ったらダメですよ

焦らずにね。

たくさんの親子に
笑顔の生活が当然のように
訪れますように

ブログカテゴリの最新記事