柔軟な発想って 大人になったら難しいよ

柔軟な発想って 大人になったら難しいよ

おはようございます。

無限の可能性を秘めた子どもの「学び取る力」と、お母さんの個育て力を伸ばし切る!
未来につながるおかあさん塾
塾長の青山 節美です。

 

 

今日の動画です。

夜8時にUPしているので
よかったらまた聞いてください

 

知らないだけで、つぶされる子どもの才能があるとしたら

さて!!!

もし!!親が知らないだけ

知らないだけで、つぶされる子どもの才能があるとしたら・・・ 社会的損失が大きすぎる!!!

今後ノーベル賞の日本人受賞者が減るだろうといわれている。

だろうよ‼って思う。

あの頃の研究者は、おそらく わがままに 人のことを構わずに 興味関心を振りかざして 自分の好きなことに没頭したんだと思う。

それが、役に立たないことでも 立つことでも構わずに

大人を困らせ没頭したんだと思う。

そんな経験のない人たちが、今後なにかワクワクした気持ちで研究することって何だろうって思うのです。

それに、研究されつくされている!!

どんどん研究の幅は狭まる。

だからこそ!! 柔軟な発想が必要よね。

その柔軟な発想ってね、訓練で何とかなるわけではないのですよ(笑)

学ぶことも・・・ 本当は人は 学び方を練習しているのです。

学ぶことも・・・ 本当は人は 学び方を練習している

いつかというと、幼児期にです!!
しかも・・・2歳から3歳

ココをどうするかで、お宅の子どもの賢さが確実に変わる!!!

幼児期で、絶対に変わる。

その差は、確実に・・・ まずは小学校1年ででる。

その次は小3

で、中2・・・・・・

こどもの発達の段階でいろいろわかることもあるし、できることもある。

知らなくても子どもは育つから安心してほしいけれど

知ってたら・・・
何か変わることもあるかもしれませんよね。

今日も、動画頑張ります♪

ブログカテゴリの最新記事