【国語の勉強法】 漢字の学習を嫌がる子供への効果的な学習方法

【国語の勉強法】 漢字の学習を嫌がる子供への効果的な学習方法

みんな一緒の学習方法はない

子どもの字が汚い・漢字を覚えないへの対策。

鉛筆を持たなくても、漢字の練習はできるはず。

ノート一面に 漢字を書いて覚えた記憶があるでしょう。

あれどうでした?

もしかして、漢字の学習の嫌いな子どもに

「何度も書きなさい!漢字は何度も書かないと覚えないのよ!」

なんて言っていませんか?
それ、やめたほうがいいですよ

はっきりいって
お母さん・・・

全員ではないけれど、それ女の子向きの学習ですから男の子には向きません。

女の子は、幼児の頃からお手紙を書きたくて書きたくて、必要に迫られて、ひらがなを覚え・鉛筆を握ってお手紙を書きます

男の子はどうでしょう・・・・

そんな男の子あんまり見ないでしょう・・・

そうなんです、

みんな一緒の学習方法ではないのです

たとえば、字を書くことが好きな子どもさんには、それでいいかもしれませんが

字を書くことに苦痛を感じている

(なぜなのか・・・ 字が汚いってさんざん注意をされてきたからなのか

そもそも 脳の機能的に難しいのか・・・)

 

効果的な学習方法とは

そんな子どもさんに合わせて、漢字の学習の方法を与えたらいいのです。

ただそれだけのことなんですよ。

■空書き

■指書き

■なぞり書き

■目隠し書き

そして、男の子に時を美しく書いてほしいのであれば、書道をおすすめします

書道のいいところは、文字を体全体で書くという点です。

そう、体全体を使って真っ白な半紙の上に、字体のバランスを考えながら文字を書きます。

しかも大きく!

これがポイントなんです

漢字の学習をする時に、小さくちまちまと書かせてほしくないのです

ノートなんて150円くらいのものです。

100円ショップに行けば、108円で買えますよね。

小さく ちまちま書かせるのであれば、大きく大胆に書かせた方が、漢字の細部にわたって、ごまかすことなく書くことになります。

特に、画数の多い漢字には効果的です。

どうでしょう、ノート1ページを四分割して、四つだけ漢字を書くというのは。

特に、最初に始めて獲得する漢字の場合、これをおすすめします。

これには理由があって、一番最初に 間違って漢字を覚えてしまうと、それを修正するのに、時間と労力がかかるわけです

漢字を覚える一番最初、始めて字を書くときに、ココロを込めて1回だけ、大胆に書くことを教えてください。

国語辞典と漢字辞典は読み物として与える、小学校一年生の学習する漢字の数は80字です。

小学校2年生で160字、一気に増えます。

ですので、訓読みをしっかり覚える。

次に音読みを覚える流れにしてみて下さい。

私の塾では、低学年から漢字辞書と国語辞書を引かせます。

小学校では、3年生の学習から始まりますが、息子は3歳の頃から辞書に親しんでいました。

どういうことかというと、辞書が本だったんです。

「ア行から読んで」ってよく言われました。

もちろん、読みましたよ。読んでくれって言うんですもん。

オトナからしたら

読み物ではないって思っているんですが
彼は・・・読み物なんですよね

なので

読み物として、辞書はありましたというように、子どもは辞書は使えないって、思っているだけなんです。

で、オトナが分からない字があったり、言葉があったりしたら、すぐに調べることです。

そうしたら、子どもは分からないことがあったら、自分で調べればいいんだって気が付くのです。

それでいいのですよ。

いや、それがいいのですよ。

国語の勉強法カテゴリの最新記事