心理的盲点を外して漢字学習

心理的盲点を外して漢字学習

おかあさんの笑顔が未来をかえる

未来へつながる、おかあさん塾

主宰 青山節美です。

子ども塾はしばらくお休みしていますが・・・・

子ども塾は天才ちゃんたちと時を過ごしています

 

 

 

よくあるのが、漢字の心理的盲点を外す 授業です。

 

 

 

 

男の子ってだいたい…漢字は嫌いなんですよ。

読めるけど、書けないなんとなく覚えているから、間違いなく…間違えるってことです。

 

だから、自分でも勉強しない。

できないのではなく…やらないのだ

やらないのではなく、したくないのだ。

それだけです。

 

 

だって…  どうせまた…

 

字が汚いとか 筆圧がない・・とか

揚げ足取り的に…言っちゃうもんねぇ  親は

子どもはたぶん、くじけます。

 

 

 

 

「じゃあやらないよ!」

です。

 

遊びを取り入れて、漢字の心理的な盲点を外します。

 

心理的盲点が外れると、次第にそのことを目で追ってくれます照れ

 

正確にいうと、気になって仕方なくなり、向こうから情報がやってくるような感覚です。

それこそ、それを考えないといられなくなるんです。

気になって仕方なくなり、自分から勉強します。

 

心理的盲点を外す

とかいうと

 

めちゃくちゃ怪しいでしょう‼真顔

 

でも方法は簡単チュー

簡単なんですよ。

 

子供達、迎えに来てくれたお家の人に…

今日はずっと喋っていた!といわれたニヤリ

 

 

 

 

困る〜

その言い方じゃまるで勉強してないみたいじゃん!!違うしぃ〜♪

 

 

でも実際に45分間ずっとしゃべらせた。

しかも、次から次にこちらから質問していった。

 

 

 

 

どのレベルまで理解していて

こちらの言葉の理解をしているのかを探りながら進めていく。

 

 

 

 

関わりかたや声のかけかたなどを、

変えて、大事なところを印象つけるのだ。

きっと次には変わってくると思う。

 

 

 

二年生は、習ってない漢字の無意識のインプットと

意識付けてのアウトプットを集中して行いました。

お母さんには内緒の「将来就きたい職業」を教えてくれたりしました。

 

 

高学年は、これらの方法を使いながら、さらにロジカル思考への挑戦学習です。

 

 

 

 

 

って、もっとこんな授業がしたいなぁ~~~~。

でも、現在は子ども塾はやっていません。

また、近いうちに再開するかもしれませんが・・・。

 

 

 

 

 

■メルマガの登録はこちら

 

 

1週間で親子関係が劇的に変わるステップメール

 

image

 

 

国語の勉強法カテゴリの最新記事